よくある質問 ロゴ申請ページ ユニバーサルマナーマーケット メールマガジンの登録 お問い合わせ

プレスルーム

ほっこり…実際にあったユニバーサルマナー【9選】

こんにちは。ユニバーサルマナー検定を運営する、ミライロの笹川です。

今回は、検定を運営するミライロの調査サービス「ミライロ・リサーチ」に登録している、障害があるモニターさんに、「ユニバーサルマナー」の実体験について聞いてみました。

「ユニバーサルマナー」とは


ユニバーサルマナーとは、多様な方々に向き合うためのマインドとアクションのことを指す造語です。

高齢者や障害者、ベビーカー利用者、外国人など、多様な方々を街で見かけるようになった現代。
“自分とは違う誰かの視点に立ち、行動すること”は、介護や福祉などの特別な知識ではなく、誰もが身につけておきたい「こころづかい」の一つです。

ハード(設備)を変えることができなくても、私たち一人ひとりの「ハート」は今すぐに変えることができる。
それが、「ユニバーサルマナー」です。

ほっこり…皆さんが体験したユニバーサルマナー


実際に障害のある方は、どんなユニバーサルマナーを体験しているのでしょうか?
モニターの皆様にお寄せいただいた、厳選ほっこりエピソードを9つ紹介します。

エピソード①若いアルバイトさんのきめ細やかな気遣い

●某ファーストフード店の店員さんが、こちらから頼む前に席まで案内してくれた上、出口の方向を教えてくれ、お帰りの際はトレイはそのままでいいですよ、と声をかけてくれました。些細なことかもしれませんが、立場が逆だったら、同じことが自分にもできたか分かりません。そのくらい難しいことを若いアルバイトの店員さんが、さらっとやってくれたのは、とても格好良かったですね(40代男性/視覚障害)

白杖を持っている人を、店員が案内する様子

 

エピソード②見守りも立派なユニバーサルマナー

●昨年、某ホテルに一人で宿泊したとき、翌朝のチェックアウトの際に「駅の大体の方向」を尋ねて出発したのですが、案の定、途中で迷ってしまいました。尋ねられる人の気配を探っていた時、後ろからホテルのスタッフさんが走ってきました。心配になり、立ち止まっている私を見つけたので走ってきましたということでした。とてもありがたく、これからもそのホテルをできるだけ利用しようと決めています。(50代男性/視覚障害)

エピソード③アツアツのハンバーグの鉄板を…

●とある飲食店にて、その日のランチメニューに「ハンバーグ」がありました。これを同僚と一緒に注文をすると、同僚には熱々の鉄板に乗せられたハンバーグが提供され、私にはお皿に盛り付けられたハンバーグが提供されました。これは器を触るであろう視覚障害者のために区別していただけたことと思います。そのお心遣いに驚きました。(40代男性/視覚障害)

鉄板にのったハンバーグ

 

エピソード④コース料理の楽しみ

●コース料理を楽しんだとき、料理名だけでなく、料理の紹介や食材を紙に書いておいてくれた。(60代以上男性/聴覚障害)

エピソード⑤声掛けだけでも充分なユニバーサルマナー

●バス停にいる時や地下鉄に乗っている時、一人でいると「何かお手伝いすることはありますか」と声をかけてもらうことがある。(50代女性/肢体不自由)

エピソード⑥サークルモッシュで…

●ライブハウスで行われるロックバンドのライブやDJイベントに足を運ぶと、曲の途中で観客がフロアで輪になって走り出す「サークルモッシュ」が発生したときに視覚障害の私もその中に入れるように、と周囲のお客さんが自然と肩をつかませてくれました。(20代女性/視覚障害)

ライブで盛り上がっている写真

 

エピソード⑦触覚で見ています

●ものを見せてくださる時に積極的に触らせてくれること。(20代女性/視覚障害)

エピソード⑧時には絵心も必要

●失語症の私に、言葉をゆっくり話し、それでもわかりにくい様子を感じたら、絵や図を使って、わかりやすく教えてくれた。(50代女性/聴覚障害)

エピソード⑨いつものバスで…

●バスに乗ろうとした時、「いつもこの時間に乗るんですか?」と聞かれたので「はい」と答えると、運転手さんが「わかりました。他の運転手にも伝えておきますね」と言ってくれました。 同じく、バスに乗ろうとした時、私が乗る前から車椅子スペースの座席が折りたたまれていて、なんで?と思っていると、運転手さんに「この時間にいつもあなたを見かけているので、既に席は空けておきました」と言ってもらったこともあります。(20代女性/肢体不自由)


まとめ


いかがでしたか?今回ご紹介した配慮や心遣いはどれも些細なことのように思います。
しかし、誰かにとってはしっかりと心に残る「ユニバーサルマナー」だったようです。

声掛けやサポートは時に勇気がいりますが、できることから少しずつ広げていけたら素敵ですね。

 

ミライロ・リサーチでは、障害がある方のお声をブログ記事として社会に発信していきます。
皆様の興味関心あるテーマをピックアップし、アンケートを配信していますので、どしどしご意見等をお寄せください。

「あなたの声が未来をつくる」ミライロ・リサーチ

リサーチモニターに登録(無料)

ユニバーサルマナー検定を運営する「株式会社ミライロ」

ミライロのHPを見る