ソーシャルメディア

ユニバーサルマナー検定Facebookページ ユニバーサルマナー検定twitter ユニバーサルマナー検定youtube

全国の寺院初!町屋光明寺で僧侶の皆さまが「ユニバーサルマナー検定3級」を取得

2月6日(水)東京都にある町屋光明寺にて、ユニバーサルマナー検定3級を開催いたしました。検定には、町屋光明寺の僧侶と職員の方、また宗派の垣根を超えた他のお寺の僧侶の方など、総勢50名が参加しました。尚、寺院でのユニバーサルマナー検定の開催は全国で初の試みでした。

検定の始めには町屋光明寺の住職・大洞様からご挨拶があり、僧侶やお寺の職員の方にとってのユニバーサルマナーの必要性についてお話くださりました。

3級の後半に行われるグループワークでは、お寺・宗派の境界を越えたグループで、「どんな時に、どんな人が困るのか」という答えのない問いについてさまざまな意見が交換されました。

多くの寺社仏閣では、ハード面のバリアフリー対応の重要性は理解していても、膨大な時間やコストがかかり対応できなかったり、「日本の古き良きもの」でもある、お寺の石段や砂利道をすべてを取り払ったりすることは難しいです。

今回の検定を通し、「ハードは変えられなくてもハートは変えられる」ことをお寺の僧侶や職員の方にお伝えすることができました。

今後、より多くの方が安心して参拝できる寺院づくりにユニバーサルマナーを少しでも活かしていただけると嬉しいです。さらに、この検定をきっかけに、業界全体にユニバーサルマナーが浸透することも願っています。

 

検定後の「プロジェクションマッピング法要」

 

検定後には、町屋光明寺で定期的に開催されている「プロジェクションマッピング法要」も行われました。このプロジェクションマッピングは退屈と思われがちな法要をだれもが楽しめ、笑顔になれる法要」にするために作られたものです。

宗教を問わず、どなたでも参加できる法要を目指しており、お寺から遠ざかっている若者や日本を訪れる訪日外国人など、今後より多様な方が町屋光明寺の法要を楽しまれる予定です。