ソーシャルメディア

ユニバーサルマナー検定Facebookページ ユニバーサルマナー検定twitter ユニバーサルマナー検定youtube

大同生命の全役職員約7200名がユニバーサルマナー検定3級を取得!

大同生命は、シニアの方や障がいのある方をより深く理解し、お客さま一人ひとりに配慮した真心のこもった対応を実践するため、本社および全国の支社の役職員全員の「ユニバーサルマナー検定3級」取得に向けた取組みをスタートしました。
全国に支社がある生命保険会社での全役職員の当検定取得は、業界初の取組みとなります。

5月1日(月)に開催された第一回目の検定は、テレビ会議システムを通じて全国で約1,800名が受講し、グループワークでは、各地の支社から様々な意見が発表されました。
また、東京本社では工藤社長も受講され、従業員と一緒に高齢者や障がい者への基本的な向き合い方やお声がけ方法を学ばれました。

今後、平成30年2月までに計6回実施し、最終的には約7,200名の全役職員の皆さまに取得いただく予定です。

▼東京本社の様子
 

▼各支社での受講の様子(左から浜松、京都、東北)
  

▼認定証授与の様子

▼車いすの目線とサポート方法も体験いただきました