ソーシャルメディア

ユニバーサルマナー検定Facebookページ ユニバーサルマナー検定twitter ユニバーサルマナー検定youtube

ユニバーサルマナーアワード2017を開催しました

10月24日(火)、京王プラザホテルにて、ユニバーサルマナーアワード2017表彰式を開催しました。

ユニバーサルマナーアワードとは

私たちの社会は、高齢者や障害者、LGBT、外国人など多様な人たちで形成されています。日本ユニバーサルマナー協会は6年前に、多様な方々が外出しやすくなるようにと、ユニバーサルマナーの普及に取り組み始めました。

「ハードは変えられなくても、ハートは変えられる」というメッセージが多くの方々に受け入れられ、誰もが暮らしやすい社会に向けた取り組みが広がっています。

高齢者や障害者などの視点に立ち、試行錯誤を重ねる企業や社会の取り組みを、より多くの方々に知っていただきたいと考え、ユニバーサルマナーアワードを初めて開催し、約200名の方々がご参加くださいました。

公募には、様々な業界、規模の企業・団体から42件の事例が寄せられました。「革新性」「継続性」「波及性」「実効性」の観点から審査し、すべての観点を一定の基準で満たしている 19 の企業・団体を選出。

「部門賞」「審査員賞」「ウェブ投票グランプリ」の3種に分けて表彰しました。

それぞれの特徴あふれる表彰式(部門賞)

「部門賞」(19の受賞企業・団体すべてが対象)は、審査の4つの観点の中で、特に高い評価を受けた部門で表彰しました。
受賞企業・団体の取り組み内容はこちら:http://award.universal-manners.jp/award2017

■イノベーション部門
新しい視点や、独自性の高い工夫が見られ、革新性に富む取り組み

■サステナビリティ部門
長期間にわたり継続し、持続的な発展に向けた仕組みが特徴的な取り組み

■インパクト部門
社会的なインパクトや積極的な対外発信の観点で波及性の高い取り組み

■インクルージョン部門
障害者や高齢者等の声が計画段階から反映され、実効性の高い取り組み

表彰を待つ、登壇者の皆様

登壇者の表彰を眺める、審査員の皆様(左から、力石委員、竹中委員、酒向委員)

会を盛り上げてくださった、司会の阿部知代様

手話を使ってご挨拶をされる、登壇者様
(上:武蔵境自動車教習所、下:明石市)

審査員のさまざまな見地から選ばれた事例

「審査員賞」(3つの企業・団体が対象):力石委員、竹中委員、酒向委員がそれぞれの知見をふまえて1つずつ事例を選出しました。

力石委員が選出したのは「株式会社ブラス」

■力石先生委員のコメント
「人生の良き思い出づくりに貢献という役割を果たす結婚式場において「ハートもハードも日本一を目指して」というテーマを目標にしている株式会社ブラスの活動は高い評価に値するものと思います。取り組み内容においてもユニバーサルマナーを教育制度に取りいれスタッフの意識向上に力を入れており、またハードにおいてもユニバーサルデザインを取りいれた積極的な施設の改善などハートとハードの両面における素晴らしい取り組みです。」

酒向委員が選出したのは「太陽生命保険株式会社」

■酒向委員のコメント
「世界一の医療制度を有している日本は世界一の超高齢社会でもあります。そこで、超高齢社会問題の解決策を、医療保険や介護保険に頼らずに、日本が世界に示す必要があります。世界問題となっている認知症や障害者の理解、予防、治療支援を従業員教育として実践し、さらに、市民活動や街づくりに拡げる方向性を評価します。」

竹中委員が選出したのは「◯◯な障がい者の会」

■竹中委員のコメント
「ラジオという親しみのある媒体を使い、当事者が中心となって、イベント情報を流すとともに、元気で明るいメッセージを佐賀から発信されていることに、共感を覚えました。スマホでも聴けるということも、若い人たちが参画しやすい、新しい活動形態だと思います。全国各地の放送局に広がって欲しいなと思いました。」

大同生命保険株式会社がウェブ投票グランプリ受賞

下記ウェブサイトで受賞企業・団体の取り組みを公開し、一般の皆さまに「共感する事例3つ」を選び、投票していただきした。 最も得票の多かった大同生命保険株式会社がウェブ投票グランプリを受賞しました。

■投票者から寄せられたコメント
・障害者・高齢者の働きやすい・住みやすい環境は、全ての人にとって働きやすい・住みやすい環境です。
・相手の立場に経った行動ができる人材育成に力を入れている企業。未来に希望が持てます。

審査員賞受賞企業・団体が取り組み事例や効果を発表

株式会社ブラス 代表取締役社長 河合達明様

ユニバーサルデザイン・マナーは結婚式場の宣伝や売上に繋がるわけではないかもしれません。しかし、新郎新婦が「結婚式に招待したい人を、安心して全員招待できる」こと。それは、私たちの目指す最高の結婚式のためには必要不可欠だと思うのです。ユニバーサルデザイン・マナーを特別なものではなく、結婚式場の当たり前にしていきたい、これが私たちの考えです。

太陽生命保険株式会社 執行役員 関吉淳也様


シニアのお客様に最も優しい会社になることを目指し「ベストシニアサービス」を展開しています。認知症高齢者が増加する社会に対し、「認知症の治療を支援する保険商品の開発・普及」「認知症を予防するスマホアプリの提供」および「認知症に関する知識の啓発・啓蒙」等に取り組んでいます。
太陽生命は今後も「お客様との最高のCommunication(対話)」と「時代に先駆けたCreation(創造)」により、新たな役割にチャレンジし続けたいと考えております。

◯◯な障がい者の会 会長 内田勝也様

2012年5月から佐賀のコミュニティFM(えびすFM)において、毎週月曜夜7時から1時間の障害者情報発信番組「エイブル・オン・ラジオ」を生放送しています。話題は、外出した際の出来事から障害者の恋愛や子育てなど様々です。病気や障害があることを悔やむのではなく、私たちの目線で気づくことを社会に伝え、ハードとハートの両面からのバリアフリーをこの佐賀から進めていきたいと思います。

業種業界問わず、新たな繋がりが生まれた空間

表彰式終了後は、受賞企業・団体、マスメディア記者、一般参加者の皆さまが自由に情報交換ができる交流会を行いました。

■参加者からのコメント
・ユニバーサルマナーやユニバーサルデザインの取り組みは、多くの企業が行っていますが、それぞれが点の活動になってしまっていて、それがなかなか繋がらない現状でした。
このユニバーサルマナーアワードによって各社の事例が共有され、点から線に繋がる場ができたことは素晴らしいなと思いました。

・これまで志の高い人が集まる場がなかなかなかったので、式の間中、ずっとあたたかな気持ちでした。私自身も当事者なので、これだけ多くの企業さんが多様性を意識していることに感動し、温かい社会になっていることに涙がでそうでした。感謝の気持ちでいっぱいです。

・様々な企業・団体の取り組みを知り、また各登壇者の真剣な眼差しに感銘を受けました。◯◯な障がい者の会様は、障害のある当事者の視点で情報を発信していて、勇気づけられました。自分も、障害があるからこそできることをしていきたいと思います。

心づかいをすべての人へ

ユニバーサルマナーアワードを受賞された企業や団体は、分野、規模、形態も様々です。また、紹介された事例には、長期にわたって継続されている取り組みから、新しい視点や技術を活かした革新的な取り組みまで、多様なものが含まれています。

まだ見ぬ誰かのことを思いやり、支え合える社会。誰もが安全に安心して、心から楽しく過ごせる社会。私たちは誰もが皆、そんな社会を望んでいるのではないでしょうか。しかし、自分には、自社には何ができるのか、そう、迷っている人も多いのではないかと思います。

受賞企業・団体の取り組みから、アイデアや勇気を得て、一歩踏み出すこと、そしてユニバーサルマナーが日本中へ、さらには世界へ広がっていくことを心から願っています。

応募してくださったすべての企業や団体の皆様、ご後援をいただいた各省庁の皆様、司会を務めてくださった阿部知代様、ご協力いただいた皆様に心より感謝申し上げます。