ソーシャルメディア

ユニバーサルマナー検定Facebookページ ユニバーサルマナー検定twitter ユニバーサルマナー検定youtube

イオン株式会社、グループ従業員約7万人が2020年までにユニバーサルマナー検定を取得

高齢者や障害者への適切な向き合い方を普及・啓発する日本ユニバーサルマナー協会(大阪市、代表理事:垣内俊哉)は、イオン株式会社のグループ企業の従業員をはじめ、グループの商業施設内のテナントで働く方々を対象に「ユニバーサルマナー検定3級」と「LGBT対応マナー研修」を実施します。2020年までに7万人の取得を目指します。

導入の理由

イオンは、前身のジャスコ創業以来「国籍・年齢・性別・従業員区分等を排し、能力と成果に貫かれた人事」を人事の基本的な考え方として、多様な人材の活躍を企業成長の原動力としてきました。2013年には、「日本一女性が働きやすく、活躍できる会社」の実現を目指し「2020年女性管理職比率50%」という数値目標を掲げ、グループを挙げてダイバーシティ経営を推進しています。
本年からは、2020年に多様な方々が「“働きやすい”“お買物しやすい”店No.1」を目標に加え、女性活躍推進とともに多様な方々が活躍できる企業づくりを進めます。その一環として、これまで進めてきたバリアフリー新法に基づく独自の設計基準、ユニバーサルデザインを取り入れた店舗づくりといった「ハード面のバリアフリー」、さらに従業員が自分と違う方を思いやり、適切な行動をとれるよう「心のバリアフリー」に取り組みます。

 

講義の実施概要

9月5日(火)にイオンシネマ幕張新都心(イオンモール幕張新都心グランドモール内)にて、同検定取得と「LGBT対応マナー研修」をグループダイバーシティ推進研修「“ダイ満足”カレッジ マネジメントコース」の1テーマとして組み込みキックオフを行います。

日程:平成29年9月5日(火)14:00〜18:00
会場:千葉県千葉市美浜区豊砂1−1 イオンモール幕張新都心グランドモール

イントロダクション(14:00〜14:20):垣内俊哉による導入の講義を実施します。ユニバーサルデザインの経済性、2020年に向けた取り組みの意義について紹介します。

ユニバーサルマナー検定3級(14:20〜16:30):高齢者や障害者など多様な人々への向き合い方とサポート方法を学び、検定3級の資格を取得します。講義と、写真やイラストを活用して実践的なサポート方法を学ぶグループワークを座学で行います。

LGBT対応マナー研修(16:30〜18:00):レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの人々への適切な理解と向き合い方を学びます。グループワークを座学で行います。